管理栄養士監修・独自メニューでの食育
株式会社RaJA

食育について

Food education

おかわり続出!
園内調理の“自然でおいしい”給食を
提供しています


保育園で、どんなものを食べているのか気になりませんか?
「からだは食べたものでできている」からこそ、絶対に“自然でおいしいものを食べさせたい”と思うのが、親心ではないでしょうか。

トータルサポート イラスト

食のトータルサポートを

まだ免疫力や抵抗力が十分に備わっていない“子どもたちに食べさせるもの”について、わたしたちはプロの保育者として真剣に考え、管理栄養士・栄養士とともに、食のトータルサポートを行っています。

調理風景

「いただきます」の
本当の意味を知ってほしい


当園自慢のひとつである「給食」は、管理栄養士・栄養士という食のプロによって献立が考案・調理されるだけではありません。

“RaJA農園”で野菜を育む

0~2歳児という年齢の子どもたちでも分かるよう、お野菜の絵や実物を見ながら学習したり、花壇を畑に改良して“RaJA農園”を作ったり、そこへ子どもたち自身がお野菜の種を植えたりしています。
いつもは保育される立場の子どもたちが、お野菜を育む姿は本当に愛らしいものです。

野菜栽培 イラスト

“食べる大切さ”を理解して欲しい

わたしたちは「生きる上で欠かすことのできない“食べる大切さ”を、子どもたちの心が“いつのまにか分かっている”」ことを理想としています。
食物を育てるという“愛おしむ”気持ち、同じ気持ちで育ててくれた誰かがいるという“感謝”の心、それを調理してくれた人や食べさせてくれる人がいることなど、「いただきます」の本当の意味を理解して言える子どもに育ってほしいと願いを込めています。

食事風景